思いがけずにあなたが抱えてしまったこころの問題を、まずはゆっくりとお聞かせください。一度ではなかなか話しきれないこともあるでしょう。私たちも受け止めきれないことがきっとあると思います。私たちはあなたの願いに寄り添いながら、私たちのできることを提案しながら診療していきます。
街角の小さな診療所ができることは限られています。しかしこの街には人を支えるために働くさまざまな人々がいます。保健師、精神保健福祉士を要に訪問看護ステーション、介護支援事業所、訪問薬局などさまざまな機関との連携を図りながら、私たちだけではできないあなたを支えるサポートを実現していきたいと思っています。
当院は来院していただく外来診療が基本ですが、歩きづらい、外出がまったくできないなど、来院できない方は、自宅までの訪問診療・訪問看護を行っています。訪問範囲は神戸市灘区内ですが、三宮までの中央区東側、住吉川までの東灘区西側はご相談ください。
一時的な入院は例外的なことであり、退院後これまでの生活に戻り、安定して暮らしていけるようにあなたを中心に必要なサービスを組み立てていきたいと思います。そのために保健師、精神保健福祉士が入院先にも出向いて連携をとります。
医学医療は日進月歩であり、われわれを取り巻く社会環境も日々変化しています。私たちは医療・福祉に携わる者として、変化に対応しながら現在精神科・心療内科の領域で多くの医療機関が提供している標準的な診断、治療、関わりなどを安心・安全に提供できるように日々研鑽していきます。

入口

受付

待合室

相談室

診察室

検査室

岩尾クリニックへようこそ。
人生にはさまざまなできごとがあり、人は生まれ、育ち、出会い、別れ、働き、老いていきます。そのつど思いがけないことが起こり、多大なストレスを受け、こころに負担がかかってしまうことが少なくありません。私は30年余にわたる精神科医としての経験を生かして「ずっとこの街で暮らしたい」と思っておられるみなさまに寄り添いながら、少しでもこころの負担を少なくして、できるだけ大きな問題にならないようにするお手伝いをしたいと思っております。当院には経験豊かな保健師、精神保健福祉士も勤務しており、あなたのご相談をお待ちしております。

1984年3月
神戸大学医学部卒業
1984年5月
京都第一赤十字病院 ローテート研修医
1985年7月
神戸大学医学部付属病院 精神神経科研修医
1986年4月
関西青少年サナトリューム勤務
1993年9月
兵庫県立光風病院勤務
2008年4月
同病院副院長
2013年9月
同病院退職
2014年1月
喜多川神経科クリニックを継承し岩尾クリニック開設

パスワード保護領域



このページの閲覧にはパスワードが必要です。


パスワード: